中〜大規模サイトのweb構築、システム構築お任せ下さい。
e.m.a webシステム事業部 0955-22-6481
10:00〜17:30

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

定着しているコンテンツマーケティングですが、いろいろと混同されて理解されている方も多いようですし、そもそもコンテンツマーケティングって何?コンテンツSEOって何?というかたも多いかと思います。
当社は様々な企業様のマーケティング会議に出席しておりますが、そもそも意味があやふやになっている企業さんも少なからずいるように思えます。

スクリーンショット 2017-03-23 10.22.33

SEOの対策やウェブマーケティングには様々なワードがあります。
そのような中、近年特に耳にする機会が増えているのがコンテンツSEOとコンテンツマーケティングの2つです。
名称もそうですが、意味合いもよく似ているので正しく使い分けできていない方が多いというのも事実ですのでまじめに書きます。

th_AdobeStock_85275515

そもそも、SEOというのは大きなカテゴリを指し、ピンポイントで指し示すワードではないのです。
つまり、大きなカテゴリの中にコンテンツSEOが存在していることになります。

コンテンツSEOは、ウェブサイトの内部にコンテンツを増やすことにより、大手検索エンジンを介してアクセスしてもらえる機会を増やすという仕組みです。

一方でコンテンツマーケティングというのは、既に見込みのある方に対して価値が高い情報を届け、自社が自信を持って届けるサービスや製品を購入して頂くというものです。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOには両方ともコンテンツという言葉が用いられているので、紛らわしさも感じられるのですが詳しく見ていくと目的と手法は大きく違うことがわかります。

そのため、シチュエーションにより正しく使い分けを講じる必要があるのです。しかし、両者をしっかりと理解したとしても、その場に応じて適する方が選べないという場合や、時折違いがわからなくなるという方は多いです。

そこで、コンテンツSEOはSEOという特徴的な単語が含まれているため、SEO対策を高める目的があるという事を理解しておくと、混同してしまうことは無くなります。

具体的にはウェブサイトのアクセス数アップやキーワードの検索順位という事になるので、ネット上の数字が重要性を持つのです。

コンテンツマーケティングはマーケティングというワードが用いられているため、数あるマーケティングのテクニックの一つだと言えます。

目的としては顧客を獲得したり、売上を高めるということになるので、webサイトから業績に直結すると言えるでしょう。

webサイトは作っただけではもったいないです。みなさんも始めてみませんか?御社のwebサイトを稼げるwebサイトに育てましょう